中国ICO規制、 ALISへの影響は最小限に留まる

ALIS重大発表

 

このサイトでALISを紹介した翌日に中国がICO規制するとは悲しい限りです。

香港でICOをスタートしたALISにとっても不運としか言いようがない。

NEOとの協力関係はどうなるのだろうか?

 

下記にALISより重大発表がありましたので翻訳した内容を掲載します。

 

NEOチームとの協力についての重要な発表

今日我々はALISがNEOに立ち上げた非常に重要な問題を発表したかったのです。深くお詫び申し上げますが、最終的にはNEOにICOを持たないという決定に至りました。これが原因で発生した可能性のある不便な点については、誠にお詫び申し上げます。私たちはあなたに詳細な説明をする機会を与えたいと思います。

2017年9月4日、中国の人民銀行は、中国のすべてのICOは停止されなければならず、禁止されると述べた。ここから詳細を知ることができます。https://www.cnbc.com/2017/09/04/chinese-icos-china-bans-fundraising-through-initial-coin-offerings-report-says.html

私たちは日本の会社であり、この法律の影響を受けることはないので、NEOでその地位をクリアする必要があります。前述したように、すべてのICOが中国で制限されているという規制があります。つまり、私たちがNEOでICOを立ち上げるために部屋を離れると、中国政府が私たちを制限するかもしれないし、EthereumについてのICOの進行を制限する可能性さえあります。私たちのチームは、規制の効果がNEOチームでは最小限になることを祈っています。

私たちは突然協力を終了することになることをお詫びしますが、潜在的な報酬を提供したいと考えています。日本市場における当社のプレゼンスが拡大し続けていることから、当社のメンバーは、他のICOの勧告としていくつかのオファーを受け取り、実際にそれらの一部に助言を行っている。そのような場合には、これらのプロジェクトにNEOを紹介したいと考えています。

私たちはDa Hongfeiにメールを送ってくれましたが、彼はとても忙しく、すぐに返信することはできませんので、私たちは自分でこの声明を発表しました。また、ウェブサイトで中国語を削除しました。

我々はNE​​Oチームと一緒に働くことができないほど悲しいです。 
また、NEOのさらなる成功を祈っております。

 


 

当面はICO市場が冷え込む可能性はあるが、公開市場では7割以上が反発して高騰している。

日本でICO市場の法整備が整えば世界をリード出来る仮想通貨大国になれると思うのだが・・・

まだまだ無理だろう・・・

日本復活を切に願っています。

スポンサーリンク


関連記事

OKWAVE 仮想通貨交換業の登録申請へ

Wow Bit のICOが日本で購入出来るかも   日本初、最大級のQ&a

記事を読む

UASF(User-Activated Soft Fork) 再び

ビットコインを私達の手に戻すプロジェクト 「Bitcoinはすべてのユーザーにとって公平で

記事を読む

ビットコインウォレットの作り方

【BLOCKCHAIN ウォレットで検索】 既にウォレットお持ちの方は新たに作る必要はありません。

記事を読む

Cryptocurrency Market Capitalizationsの見方

必ず朝晩1回ずつ見てください Cryptocurrency Market Capitalizati

記事を読む

海外が日本の動向に注視(2xハードフォーク中断)

日本人の驚異的なFXトレード   2xのハードフォークが中断しました。

記事を読む

初心者でも出来るアービトラージ

仮想通貨を入れておくだけで年利30% 毎日配当が貰える取引所(ビーアップ) (対象コイン=BNB

記事を読む

仮想通貨イベントカレンダー2018年2月

アルトコイン イベント 2月 日程は予定(予想)なので変更があるかもしれません。  

記事を読む

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2019年3月

『Future Coin』 イベント 3月 仮想通貨 おすすめコイン銘柄のイベント情報です

記事を読む

SBIが〇〇〇コインをマイニング!

リップルだけじゃなかった SBI SBIグループの世界戦略 北尾社長のプレゼンテーション

記事を読む

国税庁が決定しました。ビットコインは雑所得。

ビットコインがタックスアンサー掲載(決定) ビットコインは原則として「雑所得」に区分されます。

記事を読む

PAGE TOP ↑