突如トークンが配布されてきた!

イーサリアムウォレットに『XNN』と『INSP』が配布??

 

XNN,INSP

この2つの内『XNN』については広める為の配布のようであるが、詳細(意図)はまだ分からない。

XenonNetworkに掲載されています。

イーサリアムネットワークとビットコインネットワーク上に配布されるようだ。

次第に顕著になってきているEthereumのスケーラビリティ問題や取引手数料の問題を解決するEOSプロジェクトの代替実装のようである。

『XNN』特に問題はなさそうである。

 

XenonNetworkは、2018年7月に立ち上げ、企業規模blockchainは、10月の初めに40万のアクティブイーサリアムアドレスへのネイティブキセノン(XNN)ERC-20互換性のあるトークンの大規模な配布を開始します。これに加えて、11月に同様のビットコリン保有者への配布が行われ、続いて11月から2018年6月までの個性証明公開トークン配布が行われます。

「EOSプロジェクトは、世界で最も革新的でハイスループットの企業ブロックチェーンを開発している実証済みのチームを雇用しています。しかし、最近の中国と米国のコイン・オファリングを取り巻く最近の規制上の問題、そして群衆の販売モデルの制限は、プロジェクトの採用に潜在的なハードルを生み出す可能性があります。我々は、これらの制限を回避するEOSプロジェクトの大規模な代替実装を提示しています」と、XenonNetworkの共同創業者であるAndrew Kong氏は述べています。

組織は、以下のようにキセノントークンを配布することを提案しています。キセノントークンの30%は、10月初めにエーテル0.1以上を含むエレージョンアドレスに配布されます。 – キセノントークンの20%は、11月の保有証明書に基づいてビットコインホルダーに配布されます。キセノントークンのさらに20%は、トークンの広範な流通を促進するための個体証明のメカニズムを使用して配布されます。

2018年7月に、これらのERC-20トークンは、新しく発売されたブロックチェーンのネイティブトークンで償還されます。

「ディストリビューションと導入は、ブロックチェーンプロジェクトの成功を決定する最も重要な要素だと考えています。私たちは、2018年にブロックチェーンの発足時にこのトークンをできるだけ多くの人々の手に渡すことに決めました。

免責事項:このプレスリリースには、将来予想に関する記述、戦略および計画が含まれています。XenonNetworkは、EOS MITライセンスを取得したオープンソースソフトウェアを採用するという当社の定められた意図を除いて、EOS.io、block.one、またはEOSプロジェクトの創始者とは関係がありません  。

 

問題は『INSP』だ!

トークンヒストリーに掲載がなく勝手に送られてきました。

調べてみると、ICO中のhttps://inspeer.io/ が被害者非難声明を出していました。

FACEBOOKにて

今日、プロジェクトチームはひどい種類の詐欺に直面しています!Insp
あなたが知っているように、InspeerチームはICOの開始をうまく準備しています。プロジェクトの発表以来、プロジェクトの改善と近代化のために多くの作業が行われており、さまざまなネットワークで多数のリリースが行われました。ユニークなINSPプロジェクトトークンは、プロジェクトの発表以来登録されています。そして今日、ユーザー、投資家、友人の多くは、実際にそれに驚いたt INSPのトークンが電子財布に777の金額で届き始めました。私たちのプロジェクトの販売前段階は11月15日に始まることを思い出してください。我々はこの状況を調査し、この方法でPRキャンペーンを実施することを決定した「INSエコシステム」プロジェクトであることを知りました。そのトークンを購入することに5%のボーナスを追加するという見出しの下で、同社は、あなたが推測できるように、 – INSPという別のトークンをリリースすることに決めました。彼らが提示するように – “INSPはプロモトークンであり、INSトークンと交換することはできません。” しかし、実際には何が起こるのか、777 INSPはプロジェクトに精通していないユーザーにも与えられます。彼らのプロジェクトを促進する同様の方法を使用して、彼らは私たちのプロジェクトのプロモーション会社全体を使用することに決めました。
それにどのように反応するのですか?この種の詐欺行為は罰せられるべきです!

 

注意!

今の段階で触りようがないが送金などしたらハッキングの恐れがあるので触れないようにするしかない!

 

 

店舗経営者が得る情報はこちら

 

関連記事

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2019年5月

『Future Coin』 イベント 5月 仮想通貨 おすすめコイン銘柄のイベント情報です

記事を読む

日本から世界初、飲食店がICOで資金調達

ベルギービールダイニング サンタルヌー(名古屋) 東京進出の為の資金調達するのにICOを活用

記事を読む

仮想通貨投資最前線 2017

【仮想通貨バブル? ビットコイン暴落しない?】 現在(2017年6月)の仮想通貨取引額が11兆円に

記事を読む

(Step 18) トークンをMyEtherWalletに表示させる{CCA}

トークンが配布されたら表示させます   ICOに投資した後にプロジェクト開発者また

記事を読む

(Step 8) 日本円をビットコインに両替する {CCA}

ビットコインは瞬時に送金できて、手数料が安いは『ウソ』 現在のビットコインは送金時間が1~3日掛か

記事を読む

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー2018年11月 

『Future Coin 50』 イベント 11月 仮想通貨 おすすめコイン銘柄のイベント情報です

記事を読む

SBIが〇〇〇コインをマイニング!

リップルだけじゃなかった SBI SBIグループの世界戦略 北尾社長のプレゼンテーション

記事を読む

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2019年10月

『Future Coin』 イベント 10月 仮想通貨 おすすめコイン銘柄のイベント情報です

記事を読む

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー2019年1月

『Future Coin』 イベント 1月 仮想通貨 おすすめコイン銘柄のイベント情報です

記事を読む

リップルの今後は上がる?上がらない?

リップルの攻勢が止まらない 日本経済新聞引用 ゆうちょ銀行と三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀

記事を読む

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年7月

『Future Coin』 イベント 7月 仮想通貨 おすすめコイン

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年6月

『Future Coin』 イベント 6月 仮想通貨 おすすめコイン

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年5月

『Future Coin』 イベント 5月 仮想通貨 おすすめコイン

世界初の保険付きFX

TLC×IBHほったらかしFX元本保証投資案件 IBH投資銀行が10

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年4月

『Future Coin』 イベント 4月 仮想通貨 おすすめコイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑