(Step 17) イーサリアムでICOに参加する{CCA}

リスクを理解した上で参加する

 

 ICOとは運営元がコインを取引所上場前に一般公開して開発資金を集めることです

 ICOに参加することで取引所に上場する前にコインを割安で購入することが出来ます

 

【リスク】

 最初からダマスすつもりの詐欺ICOも多数あります

✖ ダマスつもりはないが開発が途中で頓挫するケースもあります

✖ 開発資金が集まらずICOそのものがパーになるケースもあります

✖ 上場はしたもののコインに価値が付かず原価割れも多数あります

✖ 優良ICO案件を利用して紹介詐欺商法が氾濫しています

 

 参加したものの操作手順が分からない

 サポートに問い合わせをしても返信がない

 返信が来ても内容が理解出来ない

 大金を間違ったアドレスに送金してしまった

 上場まで期間が長く忘れてしまった

 入金したがKYC審査が通らず購入出来なかった

 ICO終了したがトークンの請求方法が分からない

 トークン請求したけど入金されない

 トークンの確認方法が分からない

 トークンの換金方法が分からない

リスクを最小限にして参加する

初心者が詐欺ICOを見抜くのは不可能です

あなた一人では参加しない、必ず経験者と一緒に参加してください

たとえ経験者でも、そのICOに関しては初めての体験です

でも対処方法を見つけることはあなたよりも優れています

 

友達に進められたからと言って安易に参加しないでください

巷に流れているメールやLINEによるICO勧誘には参加しないでください

必ずセミナーを開いていて開発元ミートアップ等を開催しているICOに限定しましょう

最後はあなた自身がそのICOをよく吟味して参加を決断してみてください

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

初心者にやさしいコミュニティ

ノウハウを提供してくれます

3月現在、3万人弱が参加

無料で参加出来ます

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2018年のICOを理解する

2017年以前はICOすれば必ず儲かるという時代でした、2018年はそう言う時代は 終わりました

毎日3コイン平均で上場しています、上場出来なかったコインも多数あります

例え上場してもすぐに上場廃止にもなったりします

2017年4月にPoloniexが17コインの上場廃止をする時にはネットニュースで大きく報道されましたが、2018年3月にはBITTREXが82コインの上場廃止決定しても大したニュースにもなりませんでした

毎月100コインが上場しても90コインはカスコインで1~2コインが辛うじて値段が付いている状況です

 

緑線$ベースチャート

赤横線ベースコイン購入単価

(損益分岐線)

  CMCチャート 総評
(A) 他人に勧められ、上場直前のICOで購入し短期勝負してみたが値が上がらず半分を損切り残りはホールド状態
(B) 他人に進められ、プライベートセールで購入するもトークン配布されず売り時を逃し(再三の問い合わせで青矢印時に配布された)、半分利確で半分ホールド

(A)(B)共にCMC時価総額200~300位で決して悪いコインではありません

前評判も良く、購入者も多いコインです

大抵のコインはICO後の上場直後は5~10倍の値を付けますがその後下落していきます

上場直後に売り抜けるのは至難の業になります

本当に良いコインは下落した後に上昇していきます

ただICOにもカラクリがあります

ICO以前にプレセール・プライベートセールが一般的にあります

 

プライベートセール (大口投資家向け:1口1000万~1億)

プレセール(中口投資家向け:1口100万~1000万)

ICO(小口投資家向け:10万~100万)

 

一般的にあなたが耳にするのはICOからです、たまにネットでプレセールも見ることが出来ます

2018年はプレセールでの値引き合戦が起こっています

ICOコインが非常に多いので開発元も躍起になっています

販売価格は大体上記のようになっていますが、ボーナストークンの数が半端ないです

貰える分にはありがたいのですが1コインの価格差が大きくなる点と

人気コインになるとプレセールに多くの人が群がる点です

利確する人が増えることにつながります

例えば下記の様な購入単価になっていたら

プライベートセール (例:1コイン 1~3円)

プレセール(例:1コイン 4~6円)

ICO(例:1コイン 7~10円)

 

あなたはICOで1コイン10円で10コイン購入したとします

別の人はプレセールで4円で100コイン購入したとします

双方5倍の価格で手放そうとした場合

20円で100コイン売りが発生してしまうので、あなたは50円で売る事が出来なくなってしまいます

値上がりしない様子に大量にコインを抱えているプライベートセールで1円で購入した人が10倍の10円で大量に売りだした時に原価割れが生じます

 

初心者が購入してはいけないICO

 ネット上で分かる販売価格が2倍以上開きがあるICO

プライベート価格やプレセール価格が分からない、または募集人数や販売トークン数が少ない場合はICOの価格内で2倍以内なら大丈夫だと判断出来ます

 技術面だけを強調しているICO

暗号化技術だけを強調していても競争相手が多く、後から誕生してくるコインの方がより優れた技術を掲げてきます

▶  上場までに1年以上かかるICO

理想論が高いのは良いのですがプロジェクトが上手くいくがどうかの判断出来ませんし、大金を1年以上寝かすことにもなり1年後どう環境が変化しているか分かりません

▶  ビジネスの実態がないICO

仮想通貨やブロックチェーンを利用することで現実のビジネスがよりイイモノに生まれ変わるビジネスモデルなのか、数年以内にそのビジネスによるキャッシュ化出来るかどうかを判断しましょう

直ぐに上場はするもののプロジェクトは1からで、いつビジネスになるか見当もつかいないICOが多数あります

長期保有する際はホワイトペーパー記載のスケジュール通りに進んでいるかチェックする必要があります

▶  人気の低いICO

プロジェクトの内容が良くても人気のない仮想通貨はいずれ淘汰されます、ネット情報にほんろうされず開発者ミートアップや販売者セミナーに足を運んで自分の目と耳で確認し肌で感じ取ってくだい

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

仮想通貨が一から学べる

優良ICOを教えてくれる

プライベートセールに参加出来る

無料で参加出来ます

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

イーサリアムでICOに参加する

ICOに参加するにあたり参加料を払う必要があります、いわゆる投資する事になります

¥円で支払う場合もありますが主に仮想通貨での支払いになります

現在ICOの多くはイーサリアムプラットホームにて作成されたプロジェクトが7割を占めていますので、イーサリアムでの支払いが必然的に多くなります

下記リンクにイーサリアムでの支払い手順を解説していますので参考にしてみてください(かつてALISプロジェクトに参加した際の参加方法です)

各プロジェクトで参加手順に違いはありますが共通していることは、仮想通貨で支払う場合は必ず自分のウォレットから送信してください

取引所から送信しても参加できませんし、仮想通貨を失う事になりかねません十分注意してくさい

日本人初の大型ICO 順調な滑り出し

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

他とは違うコミュニティ

地方開催セミナーも実施

ICOだけじゃないコミュニティ

無料で参加出来ます

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

次に進む

(Step 18)トークンをMyEtherWalletに表示させる

 

Step全部を見る

関連記事

(Step 10) ビットコインをウォレットへ送金する {CCA}

ビットコインはビットコインアドレスへ 送金アドレスを間違えるとコインは戻ってこない ビットコイン

記事を読む

韓国が熱い!!

仮想通貨取引所 戦国時代     ZCashも今一

記事を読む

UASF(User-Activated Soft Fork) 再び

ビットコインを私達の手に戻すプロジェクト 「Bitcoinはすべてのユーザーにとって公平で

記事を読む

仮想通貨おすすめコイン イベントカレンダー2018年4月

『Future Coin 100』 イベント 4月 仮想通貨 おすすめコインのイベント情報です

記事を読む

(Step 20) トークンとビットコインをトレードする{CCA}

ICOは利確して初めて成功と言える   投資額(原資)分は早めに回収しましょう IC

記事を読む

注意喚起!

ブラウザごとにチェックしよう!   一般社団法人日本サイバー犯罪対策センターから注

記事を読む

ハードフォークに備えビットコインを安全なウォレットに移そう

≪ご注意ください≫ ハードフォークとは関係ないのですが、最近ウェブウォレットを狙ったハッキングが頻

記事を読む

仮想通貨ZENとは?

1仮想通貨=1円の時代がやってきた ブロックチェーン推進協会が新たな仮想通貨ZENの発行を始めたと

記事を読む

リップルの今後は上がる?上がらない?

リップルの攻勢が止まらない 日本経済新聞引用 ゆうちょ銀行と三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀

記事を読む

ICOカンファレンス開催

10/5 ICOカンファレンス開催     AnyPayが

記事を読む

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年4月

『Future Coin』 イベント 4月 仮想通貨 おすすめコイン

POCKET HASH(ポケットハッシュ)の操作手順

POCKET HASH(ポケットハッシュ) ============

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年3月

『Future Coin』 イベント 3月 仮想通貨 おすすめコイン

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年2月

『Future Coin』 イベント 2月 仮想通貨 おすすめコイン

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー 2020年1月

『Future Coin』 イベント 1月 仮想通貨 おすすめコイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑