仮想通貨チャートの見方(初心者編)

初心者でもわかる仮想通貨 ローソク足の見方

下のようにローソクに足が生えたようなグラフの事をローソク足チャートといいます。

ローソク足は江戸時代に本間宗久の発案で大阪の米取引で使われたのが始まりだそうです。

他にも代表的なものでラインチャートエリアチャートがあります。

主に終値を線で結んだわかりやすい折れ線グラフです。

ラインチャートやエリアチャートは一目で上がり下がりがわかりますが、買い時・売り時が見当つきません。

ローソク足チャートを用いれば相場の強弱(投資家の心理)を読み解く事が出来る優れものです。

 

◎ローソク足の種類

ローソク足とは、始値・高値・安値・終値 の4つの値段(4本値)をグラフにしたものです。

陽線(ようせん)と陰線(いんせん)で表されています。

終値が始値よりも高いものを陽線といい、

終値が始値よりも低いものを陰線といいます。

色は各取引所などによって様々です。

今回は陽線が緑、陰線を赤で表しています。

トレーディングビューのチャートを利用しています:無料でいろんな機能が使えるから勉強になります)

 

ローソク足は実体ヒゲで書き表します。

実体部分はグラフの始値と終値を四角に囲った部分で

高値と安値を直線で結んだものをヒゲといいます。

 

ローソク足の形でそれぞれ呼び名があります。

大陽線(だいようせん)、下影陽線(したかげようせん)、上影陽線(うわかげようせん)、小陽線(しょうようせん)、大陰線(だいいんせん)、下影陰線(したかげいんせん)、上影陰線(うわかげいんせん)、小陰線(しょういんせん)、寄引同事線(よりひけどうじせん)の形に分けることができます。

特徴ある形にはそれぞれ呼び名がついています。

 

陽線の実体が大きくてヒゲが無いか、あっても短いものを大陽線といいます。

上下にヒゲが無い大陽線を「陽の丸坊主」と呼ばれています。

「陽の丸坊主」

上にヒゲが無くて下に短いヒゲがある大陽線を「陽の大引坊主」(ようのおおびけぼうず)と呼ばれています。

「陽の大引坊主」

下にヒゲが無くて上に短いヒゲがある大陽線を「陽の寄付坊主」(ようのよりつきぼうず)と呼ばれています。

「陽の寄付坊主」

上下に短いヒゲがあって実体の大きいものも大陽線になります。

 

実体よりも下ヒゲの長い陽線を下影陽線といいます。

上ヒゲの無い下影陽線を「首吊り線」「たくり線」「からかさ」などと呼ばれています。

「首吊り線」「たくり線」「からかさ」

短い上ヒゲがあっても下ヒゲが実体より大きい陽線も下影陽線といいます。

 

実体よりも上ヒゲの長い陽線を上影陽線といいます。

下ヒゲの無い上影陽線を「とんかち」と呼ばれています。

「とんかち」

短い下ヒゲがあっても上ヒゲが実体より大きい陽線も上影陽線といいます。

 

実体が小さく上下ヒゲが短い陽線を小陽線といいます。

極端に小さい小陽線は「極線」「コマ」「星」と呼ばれています。

「極線」「コマ」「星」

 

陰線の実体が大きくてヒゲが無いか、あっても短いものを大陰線といいます。

上下にヒゲが無い大陰線を「陰の丸坊主」と呼ばれています。

「陰の丸坊主」

下にヒゲが無くて上に短いヒゲがある大陰線を「陰の大引坊主」(いんのおおびけぼうず)と呼ばれています。

「陰の大引坊主」

上にヒゲが無くて下に短いヒゲがある大陰線を「陰の寄付坊主」(いんのよりつきぼうず)と呼ばれています。

「陰の寄付坊主」

上下に短いヒゲがあって実体の大きいものも大陰線になります。

 

実体よりも下ヒゲの長い陰線を下影陰線といいます。

上ヒゲの無い下影陽線を「首吊り線」「たくり線」「からかさ」などと呼ばれています。

「首吊り線」「たくり線」「からかさ」

短い上ヒゲがあっても下ヒゲが実体より大きい陰線も下影陰線といいます。

 

実体よりも上ヒゲの長い陰線を上影陰線といいます。

下ヒゲの無い上影陰線を「とんかち」と呼ばれています。

「とんかち」

短い下ヒゲがあっても上ヒゲが実体より大きい陰線も上影陰線といいます。

 

実体が小さく上下ヒゲが短い陰線を小陰線といいます。

極端に小さい小陰線は「極線」「コマ」「星」と呼ばれています。

「極線」「コマ」「星」

 

始値と終値が同じローソク足を寄引同事線といいます。

下ヒゲが長い寄引同事線を「とんぼ」と呼ばれています。

昆虫のトンボをイメージしています。

「とんぼ」

上ヒゲが無くても「とんぼ」と呼ばれています。

上ヒゲが長い寄引同事線を「とうば」と呼ばれています。

お墓にある戒名が書かれた細長い板(塔婆)をイメージしています。

「とうば」

下ヒゲが無くても「とうば」と呼ばれています。

 

 

◎買い時・売り時を教えてくれるローソク足

大陽線が出現した後は買いが優勢になるようです。

「陽の丸坊主」「陽の大引坊主」の後は60%くらいの確率で値上がりします。

 

 

大陰線が出現した後は売りが優勢になるようです。

「陰の丸坊主」「陰の大引坊主」の後は60%くらいの確率で値下がりします。

実際のチャートを見てみましょう。(5/4~5/6)

「陽の大引坊主」「陰の大引坊主」が出現しています。

「陽の大引坊主」の次のローソク足は大陽線、「陰の大引坊主」の次のローソク足は大陰線になっています。

 

下降相場で下のローソク足が出現したら買いが優勢になるようです。

下ヒゲが長いローソク足の後は60%くらいの確率で値上がりします。

 

上昇相場で下のローソク足が出現したら売りが優勢になるようです。

上ヒゲが長いローソク足の後は60%くらいの確率で値下がりします。

 

 

実際のチャートを見てみましょう。(5/28~5/29)

「とんかち」「とんぼ」が出現しています。

「とんかち」の次のローソク足は大陰線、「とんぼ」の次のローソク足は大陽線になっています。

 

 

◎日足(ひあし)・週足・1時間足・2時間足・4時間足・1分足・30分足、どの時間足を使えばいいのかな?

 

下のチャートは1時間足のチャートです。(4/21の16:00)

上昇相場で上影陰線が出現しました。

この後の展開を予想してみてください。

 

上がるか? 下がるか? 迷うところですね。

 

ロウソク足を理解できていれば複数足で考えてみましょう。

 

下の2本のローソク足を1本のローソク足で表してみましょう。

 

上影陽線と上影陰線が重なって「とうば」になることが理解できたと思います。

 

4/21の1時間足チャートを2時間足に変えてみましょう。

 

下のチャートは4/21の15:00~16:00の2時間足です。

ローソク足を合体させることで判断しやすくなる場合があります。

どの時間足を使ってもいいのですが、

見やすくて判断しやすい時間足を使用しましょう。

 

◎酒田五法を利用する

本間宗久が探し出した米相場の5つの教え【三兵(さんぺい)、三山(さんざん)、三川(さんせん)、三法(さんぽう)、山空(さんくう)】による売買手法を後の投資家達がチャートの形にしたものです。

酒田は米どころの山形県酒田市からきています。

五法の内、山空は仮想通貨トレードには合いませんが他の4つは利用できるので紹介していきます。

江戸時代は陽線を赤陰線を黒で表現していました。

「赤三兵(三兵行進)」

下げ相場や底値あたりで同じ大きさの小陽線が連なった時は爆上げする確率が高いようです。

 

「黒三兵(三羽烏)」

上げ相場や高値あたりで同じ大きさの小陰線が連なった時は大きく下落する確率が高いようです。

 

三尊天井

(さんせん)または(さんぞんてんじょう)ともいいます。

高値で3つの山を形成した場合、その後大きく下落するようです。

 

逆三尊

三尊天井の逆の形を形成した場合、その後大きく上昇するようです。

 

上げ三法

陽線の後に陰線が3つ並んで出現しても手前の陽線の価格の範囲内に収まっている場合、

上昇を継続する確率が高いようです。

 

下げ三法

陰線の後に陽線が3つ並んで出現しても手前の陰線の価格の範囲内に収まっている場合、

下降を継続する確率が高いようです。

 

ちなみに三空というのは、隙間(窓)が3つ出来た場合は反転する事が多くなります。

仮想通貨トレードは24時間休み無しで動いている為、終値と始値が繋がったいるので隙間(窓)がありません。

左の三空を「三空積み上げ」、右の三空を「三空叩き込み」と呼ばれています。

 

 

◎その他、反転するローソク足チャート

24時間休み無しで動いている為、窓をあけないで星が発生した場合、下降する傾向になるようです。

 

24時間休み無しで動いている為、窓をあけないで星が発生した場合、上昇する傾向になるようです。

 

同じくらいの上ヒゲ伸びた場合、下降する傾向になるようです。

 

同じくらいの下ヒゲ伸びた場合、上昇する傾向になるようです。

 

 

天井部に小陽線と小陰線が交互に並んだ場合、下降する傾向になるようです。

◎ローソク足の見方 まとめ

ローソク足は、実体の大きさやヒゲの長さを見る事で相場の強弱や投資家心理を読み取る事が出来る優れものです。上記のようなローソク足が出現すると相場が反転する傾向が約60%になるようです。

しかし、40%はハズレてしまうのでローソク足だけでは勝つ事は難しいです。トレンド分析等を併用する事で勝率を上げる事が出来、ローソク足の基本を押さえておく事でトレンド分析の精度を上げる事が出来ます。

【PR】

只今、拡散中です!

無料で出来る仮想通貨アービトラージ
ただウォレットに入れておくだけで月利10%

無料で出来る仮想通貨のアービトラージ

関連記事

暗号資産(仮想通貨)チャートの見方【初心者編】

30分でわかる暗号資産チャート分析 1ページ10分で理解できる内容になっています。 順

記事を読む

仮想通貨チャートのトレンドラインの引き方(初心者編)

トレンドラインって何? トレンド(市場動向)が上向きなのか下向きなのかを判断する指標です。 いわゆ

記事を読む

仮想通貨チャートのレンジ相場攻略法(初心者編)

仮想通貨初心者はレンジ相場で売買しろ! レンジ相場とは? 一定の値幅内を行ったり来たり

記事を読む

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー2019年2月

Bitcoin Cash『Future Coin 50』 イベント 2

暗号資産(仮想通貨)おすすめコイン銘柄 イベントカレンダー2019年1月

Bitcoin Cash『Future Coin 50』 イベント 1

Plustoken ダウンロード&設定

①Plustokenをダウンロードします。 http://plcoin

PLUSTOKEN ウォレットを作る

③ウォレットを登録する。 アイコンをタップしてPLUSTOKENを立ち

Plustoken 仮想通貨をウォレットに移す

⑤仮想通貨の転入 転入(アービトラージ)できる仮想通貨の種類 ETH

→もっと見る

PAGE TOP ↑